サイトのファビコン(favicon)設定WordPressなら簡単に設定できる

サイトのイメージアイコン、ファビコンを作ってみようと思います。

有名なサイトにはそれぞれ独自のシンボルマークがあって、ひとめでわかるようになつていますよね。

WordPressなら簡単にできるようなので挑戦です。

スポンサーリンク

 

ファビコンとは?

favicon(ファビコン)はサイトのシンボルマークのことです。

 

faviconは、ウェブサイトのシンボルマークのイメージとして、ウェブサイトやウェブページに配置するアイコンのことで以下のようなものがあります。

 

 

一度は見たことがありますよね(^^)

 

WordPress では「サイトアイコン」という名称で設定するところがあります。

ブラウザのタブやブックマークで読み込まれるファビコンと、スマホで読み込まれる Web Clip アイコンを同時に生成してくれるんですね(^o^)

プラグインとかつかわずにできるのでいいですね。

 

ファビコンを設定するには

やることはファビコン用の画像を準備するだけです。

画像の用意

画像は、幅 512 ピクセル × 高さ 512 ピクセル以上のpng形式の画像が1枚必要です。

これが推奨サイズになっています。

 

形式についてはとくに指示がないのですが、iOS で読み込まれるアイコンが同時に生成されるので PNG 形式で作成したほうがよいということです。

JPEG 形式で作成するとすべて .jpg になってしまい、一部の端末ではうまく読み込まれないようです。

画像を描くソフトは自分の慣れているソフトを使ったり、フリー画像を編集するのもいいかもしれません。ソフトはWindowsについている「ペイント」で大丈夫です。

画像が用意で来たらWordPressを起動します。

ダッシュボードで左側メニューの「メディア」の「新規追加」をクリックして、そこに作成した画像をドラッグします。

スポンサーリンク

 

 

画像が登録され画面下に表示されます。

 

ファビコン用画像を設定

WordPressのダッシュボードの左側のメニューから「外観」をクリックします。

 

「外観」の「カスタマイズ」をクリックするとカスタマイズ画面が表示されます。

 

その中の「サイト基本情報」をクリックします。

画面がサイト基本情報に切り替わります。

一番下に「サイトアイコン」欄があります。

「サイトアイコンを選択」と書いてある箇所をクリックします。

 

メディアライブラリが開き、画像の選択画面に変わります。

 

保存したファビコン用の画像をクリックします。

 

ここにも推奨画像サイズが表示されています。

画像を選択しそのまま「選択」ボタンをクリックします。

 

 

カスタマイズのサイト基本情報画面に戻ります。

 

サイトアイコンにアップした画像が表示されていればOKです。

上部の「公開」ボタンを押します。これで完了です(^^)v

サイトのタブを確認してみます。

ちゃんと表示されました(^^)完了です。

あなたも自分のサイトにイメージアイコンを作ってみませんか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ